WINTORY カナル型イヤホン BA-T6の使用感レビュー

スポンサーリンク

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

私は音楽鑑賞が趣味です。
時々、暇な時などに音楽を聴いているのですが…。
今まで使っていたのは「100均」で購入した200円のイヤホンでした。

さすがに100均のイヤホンだと、音がかなりこもって聞こえます。
お世辞にも音質がとても良いとは言えません。
これでは、せっかくの音楽鑑賞が楽しめませんよね?

ということで、私はこの機会に新しいイヤホンを購入しようと思いました。
そして、今回買ったのは「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」というイヤホンです。

実際使ってみると、まあこれがすごいこと!!
さすがに、100均のイヤホンとは比べ物にならないくらい音質が良いですね。

今回の記事では、この「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」の使用感レビューをしてみます。

スポンサーリンク

購入の経緯

冒頭にも書きましたが…。
私は音楽鑑賞が趣味です。

暇な時はもちろんなのですが…。
パソコン作業中でも、好きな音楽を聴いていますよ。
音楽を聴いていると、気分がリラックスしたり、テンションが上がったりするので良いですね。

ところで、私はこれまで100均のイヤホンを使ってきました。
その前に使っていたイヤホンが断線してしまってから、応急処置として買ったものなのです。
それからしばらくの間、100均のイヤホンで我慢していましたよ。

ただ、やっぱりせっかく音楽を聴くのなら…。
迫力があって、音質が良い状態で音楽を聴きたくなりますよね。
100均のイヤホンでは、さすがに不満ですので…。

そこで、他の商品を購入するついでに、今回イヤホンを新調することにしました。
例のごとくAmazonでイヤホンを検索してみると…。
まあ色々出てきますよね。
その中で、私がピンと来たのが今回のものである「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」なのです。

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」は、WINTORYというブランドのカナル型イヤホンです。
メーカーはUiiSii。
オーディオに詳しくない私としては、これが有名なメーカーなのかよく分かりません…。

デュアルドライバーを搭載していて、6mmドライバー合計4基により高解像度のサウンドを実現しているとのこと。
高音と低音のドライバーがあるようです。
これによって、低音・中音・高音とバランスの良いサウンドが得られるらしいです。

また、ハイレゾ音源に対応。
高解像度の音楽を聴くことができます。

さらに、リモコン付きのイヤホンマイクが内蔵されています。
リモコンで音量調整ができる他、電話にハンズフリーで応答することも可能です。

これだけの機能があって、一体いくらすると思いますか?
定価は9,990円なのですが…。
私が購入した時点では、なんと7,000円引きの2,990円となっています!
ずいぶんと値引きしましたね〜。
まあ購入する側としてはとても嬉しいですけども。

それでは、レビューに行ってみましょう。

「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」のパッケージは以下の通り。
うん、スタイリッシュでカッコいい。

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

中の箱を取り出してみました。
なかなかしっかりした作りの箱ですよね〜。

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

箱を開けると…。
待ちに待った、イヤホンがお目見えです!

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

中身を取り出しました。
イヤホン本体、取り扱い説明書、イヤーピース、イヤホン袋となっています。

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

イヤホン本体。
今回は赤を選択してみました。
なかなかカッコいい作りじゃないですか!?

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

イヤホンの袋。
口の部分がしっかりとしています。
これがあると、持ち運びの際に役立ちますね。

WINTORY カナル型イヤホン BA-T6

それでは、イヤホンで音楽を聴いてみましょう。

イヤーピースは、本体に付いていたものそのまま。
装着感はとても良い感じですね。
ピッタリ耳の穴を覆ってくれています。
私にはちょうど良いサイズだったようですよ。

試聴用として聴いてみたのは、水樹奈々さんの「THE MUSEUM II」です。
アルバムに収録されている曲を色々と聴いてみましたよ!

デュアルドライバーというのが、うまく利いているのでしょうかね。
低音・中音・高音ともに非常にクリアです!
ハッキリ、そしてクッキリとそれぞれの音が聴こえますよ!
今まで100均のイヤホンでしたので、その差は歴然としています。

低音と高音をドライバーで強調しているらしいですが…。
そのバランスはちょうど良いくらいだと思います。
極端に低音や高音が聴こえるというわけでもないです。

ただ、音の臨場感はマシマシですね!
まるでその場にいて聴いているかのような感覚。
これは良いなぁ〜。

イヤホンでこれだけ音が変わるのかとビックリしますよ!
まあ比較対象が100均イヤホンなのでアレですけど…。

このイヤホンなら、音楽鑑賞を思いっきり楽しめそうです。
特に大好きな水樹奈々さんの曲を聴いていると、テンション上がりまくりですね!
あっ、「THE MUSEUM II」は個人的にかなりオススメのアルバムですので要チェック。
水樹奈々入門にもピッタリですよ。

まとめ

今回の記事では、「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」の紹介と、その使用感についてレビューしてみました。
結論から言うと、これはかなりの当たりです!
音が非常にクリアですし、低音・中音・高音のバランスもちょうど良い。
音の臨場感も文句なし。
この音質で3,000円ならコスパも良いのではないでしょうか?

私はオーディオマニアでは無いですので、そこまで音質の違いが分かるというわけではないです。
それでも、少なくとも100均のイヤホンよりは圧倒的に音が良いです。
これなら、もっと早くから購入しておけば良かったですよ…。
まあ100均のイヤホンは、お手軽に買えるというのがありますけどね。
今までありがとう!

クリアな音質のカナル型イヤホンをお探しの場合には…。
この「WINTORY カナル型イヤホン BA-T6」はオススメできますね。
ぜひ聴いてみて、その違いを確かめてみてください。
その際、お供に水樹奈々さんの曲はいかがでしょうか?

コメント